注目のデータサイエンティストになるには

データサイエンティストになるには

データサイエンティストになるには

データサイエンティストになるための難易度は、経歴や学歴などによって人それぞれ異なります。データサイエンスの分野やITエンジニアの分野で仕事をしたことがある人なら、スムーズにキャリアチェンジできるでしょう。そうでない人の場合、データサイエンスやITに関するスキルの土台を作る必要があります。フリーランスになることは誰でも可能ですが、実務経験とそれに見合うスキルが求められます。案件は、フリーランスエージェントで探すことができます。

データサイエンティストになるにはの記事一覧

  • 難易度とキャリアプラン

    難易度とキャリアプラン

    データサイエンティストになる難易度は、職歴や学歴などによって異なります。一般的には、データサイエンスの分野に近い人ほど難易度は低くなるでしょう。最も早い方法は、新卒でデータサイエンティストのキャリアパスに乗ることです。エンジニア職やそれに近い職種の経験がない人は、データサイエンティストになる前にエンジニアなどの職種を経験する必要があるかもしれません。専門知識を学んだことがない既卒者でも、民間スクールなどを利用して学ぶことができます。

  • フリーランスでの目指し方

    フリーランスでの目指し方

    フリーランスのデータサイエンティストになることは簡単ですが、実務経験が一切ないフリーランスが案件を任せてもらうことはほぼ不可能です。フリーランスになるために必要な実務経験は約5年が目安となります。案件探しはフリーランス専門のエージェントがおすすめです。エージェントを利用しているフリーランスは、営業や交渉なしで案件を受注できます。おすすめのエージェントとして、レバテックフリーランスとテクフリをご紹介します。